サービスのご案内

当社のサービスについてご紹介します。

欧州・オセアニア企業の日本進出サポート

欧州企業が日本のメーケットに参入り、自社の製品の販路拡大をしたい場合です。これには、大きく分けて二つあります。

a)自社が日本支社として参入の場合
b)日本に総代理店を置きたい場合

abは、違うようで似ていて、似ているようで違います。どちらのスタイルがその国に受け入れられるかは、業種や業態によって変わります。より、費用対効果を上げられるよう、また、初期費用がかかってもいち早く日本に参入する方が良い場合、また、受け入れ側の日本企業が保守的な産業業種の場合など、いろいろあります。これらを加味し相談しながら進めていきます。

a) の場合は、3段階のステージがあります。

  1. 会社法人設立準備(箱)
  2. 営業開始準備(中身)
  3. 営業開始後(継続的な支援)

事務所探しから会社登記までの一連のサポートから、2.3と進んでいきます。これを、海外企業様は、自国にいながら管理できるという事です。また、その都度予算、状況に合わせてご提案しています。

b)の場合は、オペレーションは全て日本企業に委ねるパターンですので、商品の輸出・売上状況など導入後も海外企業の出張所のように、両国のバックアップしていきます。

結果を出すことが目的ですので、山頂に登る方法はいく通りかあるということです。
その際は、状況(予算・メンバー・時期)によって全て変わります。それらを全て鑑みて、行うことが重要と考えています。

詳細はこちらへ

欧州・オセアニア企業のアジア進出サポート

a)自社が、海外支社として参入する場合
b)自社が、海外に総代理店を置きたい場合

アジア圏参入の場合、殆どの企業様は、アジアを一つの国と捉えている感があります。どの国をターゲットにするかを一緒に決めることから入る場合もあります。

また、すでにコンタクト先はあるが、遠路・言語の関係もあり、なかなか契約の詳細まで詰められないという場合もあります。
その際は、私達が彼らの代理人・交渉役を担い、契約へと取りまとめる場合もあります。

a) の場合、途上国も多いので、事務所契約は信頼おける所を選択する必要があります。
現地のエージェントと組んで、安心・安全な場所を選択ご提案します。

b)の場合も、信頼できる企業かどうかの与信を重要視しています。
現地エージェントによる視察・周辺情報によりご提案します。

詳細はこちらへ

日本企業の欧州・オセアニアへの進出サポート

a)自社が、海外支社として参入する場合
b)自社が、海外に総代理店を置きたい場合

詳細はこちらへ

海外商品の総代理店の機会を探している日本企業のサポート

  • 既存の事業収益の柱に加えて新しいものを追加しようと考えている場合
  • 既存から展開をはかり、新しいものを作りあげようとしている場合

日本文化(商品)と海外文化(商品)の融合を考えている場合具体的に商品が決まっている場合は、そちらを基準に探していきます。
商品または、プランが漠然としている場合は、ビジネスプランの提案からも可能です。

詳細はこちらへ

お問合せ・ご相談はこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受付しております。まずはお気軽にご連絡ください。

営業時間
9:00~17:30
定休日
土曜日・日曜日・祝日

お気軽にお問合せください

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報

2019/01/15
ホームページを公開しました
2019/01/14
「サービスのご案内」ページを更新しました
2019/01/11
「会社概要」ページを作成しました

会社概要

営業時間

9:00~17:30
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

定休日

土曜日・日曜日・祝日

お役立ち情報のご案内

おすすめコンテンツ
お役立ち情報をご提供しています。ぜひご一読ください。
海外進出をするには
国・文化によるビジネスの違い
日本でビジネスを成功させるには
サービスの流れ
よくあるご質問